「やってしまった」日焼けのケア

いよいよ夏の到来。7〜8月は1年のうちでも紫外線量が特に大きくなります。「そんなに長い時間出かける予定ではないから」とか、日焼け止めや日傘、サングラス、帽子などで紫外線対策を万全にしたつもりでも、夏のレジャーやお出かけでうっかり日焼けしてしまった・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は日焼けして敏感になった肌のケアについてお話ししましょう。

わりと多くの方が経験されたことがあるのでは・・・夏のお出かけや遊びの後ふと気がつくと赤くなってヒリヒリ痛む日焼け。それは紫外線によって皮膚が炎症(=軽いやけど)を起こしている状態です。日焼けして傷ついた肌は適切にケアすることが重要です。


紫外線を浴びたあと、皮膚が赤くなることを「サンバーン(Sunburn)=紫外線UV-Bが表皮を透過し、真皮乳頭体まで達した結果起こる反応」、その後に黒くなることを「サンタンSuntan)=皮膚にメラニン色素が生成され、色素沈着を起こす反応」といいます。サンバーンは紫外線のダメージで肌が炎症(軽いやけど)を起こしている状態です。炎症を起こした肌は赤く、触るとほてったように熱を持ち、ひどい場合にはヒリヒリと痛みます。軽いとはいうものの、やけどを起こしている状態なので、冷やすなどの適切なケアが必要です。

無防備な状態で長時間紫外線を浴び続けると、シミやしわ、たるみといった肌の老化が加速します。肌の老化は加齢によるものと思われがちですが、加齢による老化は2割程度で、残りの8割は紫外線などの外的影響によるものだといわれています。紫外線の影響を全く受けずに生活することは困難ですし、一方で紫外線を浴びることから得られる体のメリットもあります。しかし、日常生活の意識としては、日焼け止めや日傘、帽子などで紫外線からできるだけ肌を守りましょう。


また、紫外線を浴びた直後の肌はバリア機能が低下し、さまざまな刺激の影響を受けやすい状態になっています。紫外線によって傷ついた肌をいたわり、バリア機能を正常な状態に戻せるようにケアしましょう。


紫外線を浴びた直後にそれほど変化は見られませんが、数時間後に皮膚が赤くなり、8~24時間後には痛みがひどくなっていきます。それがサンバーンです。そして、紫外線を浴びてから数日後に色素沈着(サンタン)が進行するといわれています。肌が赤く、ほてりを感じるのは肌からのSOS信号です。そのサインを見逃さず、早めにケアをすることで、紫外線によるダメージを最小限に抑えましょう。では、そのためにどのような具体的なケアが必要でしょうか。


日焼け後、肌にほてり、赤み、痛みを感じたときは、よく冷やして熱を抑えます。日焼けした箇所に、冷水で濡らしたタオルや薄手の布でくるんだ保冷剤、氷水を入れたビニール袋などを当てます。タオルなどが手元にない場合は、水道水で冷やしても構いません。熱を持っている時は、熱いお風呂やシャワーも控えて、とにかく冷やすことを心がけましょう。痛みが治まらない、水ぶくれができてしまった場合は、必ず皮膚科を受診しましょう。

肌のほてりが取れ、ひんやり感じるくらいクールダウンできたら化粧水や乳液、さらに美容液などでしっかり保湿します。日焼けした肌は刺激に対して敏感な状態になっているため、植物由来の成分を中心とした低刺激のものを選びましょう。


さて、注意したいのは、日焼けに対するケアのつもりでも、やってはいけないことがあるということです。

まず、化粧水をつけるときに、たたくようにパッティングすると肌に大きな負担をかけてしまいます。ハンドプレスでやさしくなじませるように押さえてあげましょう。また、血行促進やエイジングケアのためのマッサージも日焼け直後の肌には刺激が強いためNGです。肌がいつもの状態に戻ってから行いましょう。


次に覚えておきたいのは、美容成分を含んだシートパックは、たとえ普段使っているものでも、日焼けした肌には刺激となる場合があるということです。日焼け後の肌は、まずクールダウンと保湿で肌のバリア機能を整えてあげることが先決です。


さて、日焼けしてしまったケアの1つとして、摂取する食物も大切です。

優先的に摂取したいのはビタミンCです。ビタミンのなかでも、ビタミンCには抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑制したり、シミやそばかすを防いだりする働きもあるので特にオススメです。最近ではサプリで飲むタイプの日焼け止めも出ているので、アウトドアなど1日中外にいるときには体の外側からのケアにプラスしてもいいでしょう。ビタミンCが豊富なオレンジ、キウイ、イチゴ、グレープフルーツ、ブロッコリーなども日焼け後にとりたい食物です。


また、日光への耐性を高める効果が期待できるリコピンを含んだ食べ物をとるのもいいでしょう。代表はトマトですが、そのほか、柿、ピンクグレープフルーツ、マンゴー、赤いパプリカやスイカなどにも含まれています。

他に、水分を十分にとることを心がけましょう。日焼けによって乾燥を引き起すこともあるので、水分をとることで潤い補給の効果も期待できます。


夢中になってつい時間が経つのを忘れて「やってしまった」日焼け。何もせずに放置すると後で後悔する肌トラブルを起こしてしまうこともあります。面倒くさがらずしっかりケアしてあげましょう。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示