オウゴン根エキスとターンオーバー

前回の「ボタンエキス」に続いて、今回はルミオーレジェル美容液に配合されている植物エキスの1つである「オウゴン根エキス」のはたらきをご紹介しましょう。


オウゴン根エキスは、シソ科のコガネバナの根から抽出して得られたエキスで、このコガネバナは日本では薬用、観賞用に栽培されています。根の色が、黄金色であることからコガネバナとも呼ばれています。古くから漢方でよく使われる生薬でもあるオウゴン根エキス。今回は、配合によって効果が期待されているターンオーバー促進についてお話しします。



ターンオーバーとは、簡単に言うと肌の新陳代謝、生まれ変わりのことです。つまり、ヒトの体の中で古くなった硬いコラーゲンが分解され、やわらかくて新しいコラーゲンが毎日作られていくことの繰り返しがターンオーバーです。表皮で生まれた細胞が表面に押し上げられ、最後に角質となってはがれ落ちるまでの期間が約28日間であることが理想的なターンオーバーの周期だといわれています。例えば下に掲げているような要因で、ターンオーバーが遅くなると、正常な肌細胞が作られるまでのスパンが長くなり、シミやしわの原因になります。年齢が若ければ、ターンオーバーのサイクルにそれほど影響はありませんが、人によっては20代後半からそれらの要因の影響があるといわれています。この28日間のターンオーバーをスムーズに繰り返すことがコラーゲンの産生をサポートすることになります。


「みずみずしいツヤ肌」とは、適切なサイクルでターンオーバーを継続することといえるでしょう。


ところが、現代生活には肌のターンオーバーを阻害する要因に溢れています。

寝不足・運動不足・偏った食生活(ジャンクフードの摂り過ぎ)・無理なダイエット・紫外線の浴びすぎ・PM2.5、排ガスなどの大気汚染・・・などなど


そこで、根本的な対応として、睡眠をはじめとする生活習慣や食生活の改善、ストレスの発散、適度な運動、保湿ケアを通して「ターンオーバー周期の適正化」に取り組みましょう。肌のターンオーバーといっても、それは私たちの「体の働き」の一部です。生活全般を見直して体そのものの健康を目指しましょう。ターンオーバーが適正化できれば、肌も本来の健康を取り戻します。



ルミオーレジェル美容液に配合されているオウゴン根エキスは、主要成分としてフラボノイド、ステロイド類、バイカリン(baicalin)およびバイカレイン(baicalein)が含まれています。 フラボノイドは、植物が紫外線から身を守るためにある成分で、シミや黒ずみ、くすみの改善に効果があります。また、肌あれや、透明感を取り戻すなど、健康的な素肌への手助けをしてくれます。また、これらの成分には抗アレルギー作用、抗炎症作用、活性酸素消去作用などが認められています。とくに紫外線を浴びることによって色素沈着の原因となるエンドセリンの産生を抑制することがあげられ、出来てしまったメラニンの排出を促進し、肌への蓄積を防ぐためのターンオーバーを促すことを期待することができます。


生活習慣全般の見直しとともに、肌のターンオーバーをサポートする成分を配合した基礎化粧品を使って健康な肌を維持しましょう。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示