マスクとニキビ・マスクネの話

前回に引き続き、マスクの長時間装着と関係する肌トラブルのうちニキビ(吹き出物)についてお話ししましょう。最近は、マスクとアクネ(ニキビ)を組み合わせた造語、「マスクネ」と呼ばれることもあるようです


コロナ禍ですっかり定着してしまった「マスク生活」。生活のいろいろな場面で面倒・憂鬱ですが、マスクの長時間装着とニキビ(吹き出物)にどのような関係が」あるのでしょうか。

マスクをつけたまま日常生活を続けることで考えられる肌トラブルの原因は、前回のお話の通り「乾燥」と「摩擦」、そして「蒸れ」です。そして特にニキビの発生と悪化に関係するのが「摩擦」と「蒸れ」だといわれています。その関係は簡単にいうと次のようです。



⇨オフィスや家庭で周囲の人と話したり笑ったり、さなざまな口の動きにより肌とマスクが擦れる。

⇨その物理的刺激で角層のバリア状態が低下する。すると、通常は刺激にならない物質が表皮に入り込んで口や頬、アゴのまわりに炎症が生じ、赤みや痒み、小さなブツブツが発生する湿疹ができる。

⇨また、マスクの擦れにより角層が厚くなると、毛穴の入り口が詰まって皮脂が溜まり、白ニキビが発生。

⇨ニキビの原因菌となるアクネ菌は高い湿度の中で皮脂を食べて増殖するので、マスク内の蒸れも刺激となり悪循環が生まれ、なかなか改善しない。


ちなみにアクネ菌は、「常在菌」といわれて誰の肌にも存在する菌ですが、酸素を嫌って皮脂を食物とするので蒸れたマスクの中はアクネ菌にとって「最高の環境」といえます。


このように見てくると、マスクによるニキビ発生を防ぐには、

・角層のバリア機能を維持する

・ニキビの原因菌であるアクネ菌の増殖を招くマスクによる「蒸れ」を極力避ける

の2つが有効だといえそうです。

とはいえ、マスクを手放せない現状を考えればなかなか難しいのですが、方法はあります。


1つは、角質のバリア機能を維持するために保湿に留意し、皮脂の過剰分泌を避けること(以前にお話ししたように、角質の乾燥は皮脂の過剰分泌の誘因になります)。これは、アクネ菌の食料を断つことにもなります。

また、皮脂の分泌はストレスを感じるほど増大するといわれているので、心身ともストレスフリーを心がけたいですね。


もう1つはマスクの機能として、吸湿生や通気性にすぐれたものを選ぶこと。洗える素材のものは常に洗って通気性を確保すること。マスクを外す機会があれば外気に触れたいところですが、これは臨機応変としかいえません。


マスクの長時間装着が避けられない現在ですが、「マスクネ」など肌トラブルの原因を知って予防と対応方法を心がけましょう。


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

株式会社ラサンテル

電話
06-6885-6285
81-6-6885-6285/海外

営業日:月曜日~金曜

営業時間10:00~ 17:00
定休日:土日祝

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの
  • Instagram