冬のお肌について

今年になって異常だといわれるほど各地から大変な降雪のニュースが伝えられています。雪国にお住いの皆様には心からお見舞い申し上げます。


さて、お正月行事も終わって一息ついてふと鏡を見るとお肌の異変に気付いてしまう方はおられないでしょうか?「肌のツヤが悪くなった」「クスミやくまが出た」「ハリやみずみずしさが衰えた」といった気付き?を訴えられるのはこの時期がもっとも多いようです。


何回かお話ししているように、冬はお肌にとって過酷な季節です。気温の低下による血行の不良は代謝機能や肌のバリア機能(健康な肌は、角質層がバリアとなって脂分・水分が逃げるのを防ぎ潤いを保ち、さらに、外部の刺激から肌を守っています。



これが肌のバリア機能です)を損なってしまいます。また、冬特有の湿度の低下は肌の乾燥を進めてしまいます。具体的には、代謝機能の低下は、肌が自ら作る保湿成分が作られにくくなるということです。


バリア機能の低下は、肌の水分が蒸発しやすくなるということです。湿度が低いと、汗もかかないので肌表面の水分が乾いた状態が続くことになります。これらの結果からもたらされる冬のお肌のトラブルは「乾燥」が最大の要因であり、肌ケアは「保湿」がキーポイント

となります。ただ、保湿がキーだといっても化粧水をたくさんつけていればOKだというわけではありません。


冬の肌の乾燥を改善するには肌の最も表面にある角質層を健康な状態に戻すことです。

角質層は、アミノ酸を代表とする「水となじみやすい性質を持つ物質」である天然保湿因子(NMF)を含む角質細胞から構成されており、もともと水分をたっぷり含んだ状態にあります。


角質細胞同士はブロックを積み重ねたような形態で、その隙間をセラミドなどの細胞間脂質が埋めていて、肌の水分が蒸発しないように防いでいます。角質層の表面はさらに皮脂膜で覆われています。皮脂膜は皮脂腺から分泌された皮脂と汗腺から分泌された汗が混じり合ってできています。


この皮脂膜が肌の表面をパックのように覆うことで、肌内部の水分の蒸発を防ぎ紫外線やホコリなどの外部の刺激から肌を守る役割を果たしています。

健康な角質層とはこのような状態ですが、それを維持するために心がけるとよい肌ケアの注意点を何点かご紹介しましょう。


①洗顔の仕方

洗顔料には様々なタイプのものがありますが、きめ細かいたっぷりの泡を肌に乗せて泡をなでるように汚れを除去するようにしましょう。泡立てずにそのまま顔に伸ばして洗顔すると、こすり洗いで汚れを落とすことになるため摩擦で肌トラブルを起こすことになりかねません。

②合成界面活性剤の配合量が多いクレンジング剤はNG

メイクを落とすためにクレンジングが必要ですが、メイクの油分を除去するためにクレンジング剤には合成界面活性剤が配合されています。

この合成界面活性剤には、メイクの油分と肌に必要な皮脂やセラミドを一緒に洗い流してしまう性質があります。クレンジング剤は、合成界面活性剤の配合量の少ないクリームタイプがおすすめです。

③すすぎの温度

洗顔やクレンジングは、ぬるま湯ですすぎましょう。熱いお湯は、肌に必要な皮脂や角質を洗い流してしまいます。また、洗顔そのものの回数も1日に2回程度までにしましょう。


洗顔後には時間を置かずすぐに保湿のためのケアを行ってください。まず、手の平であたためた化粧水をたっぷり目に顔全体を覆うようにつけます。


次に、セラミドやコラーゲンなどの保湿成分が配合された美容液で美容成分を補います。とくに、セラミドは人の肌に親和性の高い「ヒト型セラミド」を配合したものを選びましょう。最後に、乳液かクリームの油分で肌にふたをして水分の蒸発を防ぎます。冬のお肌のお手入れは「保湿」を意識して行うことが大切です。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

株式会社ラサンテル

電話
06-6885-6285
81-6-6885-6285/海外

営業日:月曜日~金曜

営業時間10:00~ 17:00
定休日:土日祝

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの
  • Instagram