夏の肌荒れについて

明日から7月、いよいよ本格的な夏の到来です。夏になると肌が荒れやすいという方は、肌の状態に注目しましょう。夏の肌は、次のようなトラブルが起こりがちです。


乾燥

肌が乾燥してカサつきや粉ふきなどの症状が現れます。乾燥と言えば冬をイメージしやすいかもしれませんが、エアコンの風など夏でも乾燥しやすい要因は少なくありません。肌が乾燥した状態ではバリア機能が低下しやすいため、少しの刺激で赤みやかゆみなどが起こることがあります。また、夏は、気温が高いことで汗をかきやすい季節です。汗と一緒に肌のうるおい成分も流出するため、日常的に汗をかくことが多い方は肌が乾燥しやすくなります。



ニキビ、吹き出物(ぶつぶつ)

ニキビや吹き出物は、毛穴に皮脂がつまってアクネ菌が増えたことが原因です。夏は、高温多湿の影響で皮脂が多く分泌されるため、ニキビや吹き出物に悩まされやすいといわれています。


ベタつき

肌のベタつきの正体は皮脂です。皮脂は、肌の水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌のバリア機能を担います。しかし、高温多湿の影響などで過剰に分泌されると、ベタつくようになるのです。ベタついている状態ではニキビもできやすいため、早めに対処することが大切です。


かゆみ

かゆみは、バリア機能が低下した肌に刺激物が触れることで起こります。夏は、紫外線や冷房の影響で肌のバリア機能が低下したりダメージを受けることが多いため、かゆみの症状が現れやすいのです。


このような夏の肌荒れの原因として考えられるのは以下のようなものです。


紫外線

夏は紫外線量が多く、肌に大きなダメージを与えます。肌の表面に炎症を起こしたり、肌の奥へと侵入してコラーゲンを破壊したり、短期的・長期的に悪影響を及ぼすのです。「小麦色の肌」と喜んでばかりはいられません。特に、炎天下でのレジャーやマリンスポーツでは多くの紫外線を受けるため、入念に紫外線対策をすることが大切です。


冷房

冷房をかけると湿度が下がるため、肌の水分が奪われます。また、冷房の風に直接あたると、さらに乾燥しやすくなります。外出先では、冷房で部屋の湿度が下がりすぎているケースが少なくありません。自由に冷房を調整できないため、出先でもこまめに保湿するよう心がけましょう。


間違ったスキンケア

夏は肌のベタつきが気になって、洗浄力が強い洗顔料でゴシゴシと洗いがちです。皮脂の分泌が多くても、洗浄力が強い洗顔料を使ったり、ゴシゴシ洗いはいけません。肌のうるおいをキープしている皮脂まで洗い流してしまいます。また、肌を自ら保湿する角層が傷ついて、カサつきや粉ふきなどが起こりやすくなることがあります。


このような原因を意識しつつ、次のような肌ケアを心がけましょう。


保湿に留意する

夏は、肌のベタつきが気になることで保湿を忘れがちです。皮脂は多くても肌内部の水分が不足している可能性があるため、必ず保湿ケアをしましょう。おやすみ前には化粧水で水分を補い、乳液で油分を、美容液で保湿をサポートします。また、肌が乾燥しやすいところにはクリームでふたをするようにしましょう。ベタつきが気になるからといって油分を補給しないでいると、肌の水分が蒸発してしまいます。また、外出先で化粧直しをするときもスプレー型の化粧水などで保湿ケアしましょう。すでに、紫外線やエアコンによる乾燥などの影響で肌の水分や油分が失われている可能性があります。


紫外線対策に気を配る

肌へのダメージを防ぐために、紫外線対策を徹底しましょう。日焼け止めだけではなく、日傘やサングラスなどでできるだけ紫外線を防ぐことが大切です。紫外線にはUV-AとUV-Bの種類があることはよく知られていますが、日焼け止めは、SPFとPAの値を見て選びましょう。SPFは、肌の表面に炎症を引き起こすUV-Bの影響を引き延ばす能力を示します。SPFの数値が高いほどに、UV-Bの影響を長く防げるのです。そしてPAは、肌の奥へと侵入して将来的にシワやたるみの原因となるUV-Aを防ぐ能力を示します。+の数が多いほどに、UV-Aを防ぐ能力が高いのです。屋外での軽いスポーツなどでは、SPF30、PA+++程度でよいとされていますが、炎天下でのレジャーやマリンスポーツなど長時間強い日差しを浴びる状況では、SPF50+、PA++++のものがおすすめです。また、日焼け止めは汗で流れるため、SPFやPAがどれだけ高くても、こまめに塗り直しましょう。


こまめに汗をふきとる

汗が蒸発するときに肌の水分を奪うため、汗はこまめにふきとりましょう。携帯用ウエットティッシュやハンドタオル、デオドラントペーパーを持ち歩くようにしましょう。汗が頬まで流れると、額から頬にかけてのメイクが崩れてしまいます。何度もメイク直しをしなくて済むように、額に汗が少しでも溜まったらふきとることが大切です。



洗顔しすぎない

1日に何度も洗顔すると、皮脂を必要以上に洗い流してしまいます。また、角層も傷ついて、カサつきや粉ふきが起こりやすくなるでしょう。そのため、洗顔は1日2回くらいに留めるようにしましょう。


水分補給を忘れない

汗をかくことで体内の水分が多く蒸発してしまっているため、それをを補う必要があります。水分を補わずにいると、脱水症状になることもあるので注意が必要です。水分とともにナトリウムやカリウムといった電解質も失われているので、ただの水ではなく電解質を含んだスポーツドリンクなどを補給しましょう。


夏は、高温多湿やエアコン、紫外線、汗などの影響で肌荒れが起こりがちです。原因にあわせて対策することで、肌が荒れることも少なくなります。1日2回の洗顔と保湿ケア、紫外線対策などで、肌の水分と油分のバランスを整え夏も健康な肌を保ちましょう。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示