寒さと肌コンディションの関係

そろそろ厚手のコートで外出し、家でも鍋を囲むのが楽しみなシーズンが近づいてきました。寒さに向かう今、肌コンディションを健康に保つために必要な知識をおさらいしておきましょう。


さて、当然ですが冬は1年中で最も湿度と温度が低下する季節です。

湿度が低くなるということは、空気中に含まれる水分量が少なくなるということです。つまり冬の空気は、たくさんの水分を吸収できる状態なのです。そんな空気にさらされる冬の肌は、肌表面から空気中へと水分が奪われ乾燥が起きやすくなります。たとえば、水仕事によってできやすい手のあかぎれや、手荒れは冬に特有といってもいいでしょう。

また、最近の研究では、冬の冷気によって肌の温度が下がること自体、肌の健康に大きな影響を与えるのではないかともいわれているようです。


気温の低下する冬は体が冷えやすくなりますが、これが冬の肌が乾燥する大きな要因の一つです。肌表面の温度が低下すると、皮脂の分泌量が減少します。汗もかかないので肌表面の水分が乾いた状態が続くことになります。皮脂と汗がまざりあって肌の表面に形成される皮脂膜には、肌の内側の水分蒸発を防ぐはたらきがありますが、皮脂や汗の分泌が少なくなる冬は皮脂膜も不足しがちになってしまいます。



さらに、肌が冷えると、皮膚の細かい血管が収縮し、血流が悪くなります。血流の悪化は代謝機能や肌のバリア機能(健康な肌は、角質層がバリアとなって脂分・水分が逃げるのを防ぎ潤いを保ち、さらに、外部の刺激から肌を守っています。これが肌のバリア機能です)を損なってしまいます。代謝機能の低下は、肌が自ら作る保湿成分が作られにくくなるということです。バリア機能の低下は、肌の水分が蒸発しやすくなるということです。そうすると、湿度と温度が共に低下する冬のお肌のトラブルは「乾燥」が最大の要因であり、肌ケアは「保湿」がキーポイントとなります。


ただ、「保湿がキーポイント」といっても化粧水をたくさんつけていればOKだというわけではありません。冬の肌の乾燥を改善するためには、肌の最も表面にある角質層を健康な状態に戻すことが必要です。


角質層は、アミノ酸を代表とする「水となじみやすい性質を持つ物質」である天然保湿因子(NMF)を含む角質細胞から構成されており、もともと水分をたっぷり含んだ状態にあります。角質細胞同士はブロックを積み重ねたような形態で、その隙間をセラミドなどの細胞間脂質が埋めていて、肌の水分が蒸発しないように防いでいます。角質層の表面はさらに皮脂膜で覆われています。皮脂膜は皮脂腺から分泌された皮脂と汗腺から分泌された汗が混じり合ってできています。先にも述べたように、この皮脂膜が肌の表面をパックのように覆うことで、肌内部の水分の蒸発を防ぎ紫外線やホコリなどの外部の刺激から肌を守る役割を果たしています。


角質層を健康な状態に戻すために大切な肌ケアの基本は、以下の通りです。

就寝前の洗顔の後には時間を置かず、すぐに保湿のためのケアを行いましょう。まず、手の平であたためた化粧水をたっぷり目に顔全体を覆うようにつけます。

次に、セラミドやコラーゲンなどの保湿成分が配合された美容液で美容成分を補います。とくに、セラミドは人の肌に親和性の高い「ヒト型セラミド」を配合したものを選びましょう。最後に、乳液かクリームの油分で肌にふたをして水分の蒸発を防ぎます。


繰り返しになりますが、冬のお肌のお手入れは「保湿」を意識して行うことが大切です。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示