汗とうまくつき合いましょう

連日猛暑が続いています。「もう汗なんかかきたくない」と思う毎日です。昨日も今日も、ちょっと動いただけで汗まみれ。ベトつくし、メイク直しが大変・・・汗というと否定的ば印象を持つ人も多いでしょう。

でも、汗をかくという身体作用は、人の体にとって大切なものです。汗をかくことによって、老廃物や余計な水分が排出され、それによって新陳代謝が上がり、免疫力・体力アップ、ひいては美肌効果が期待できます。何といっても人間の体調維持に必須の温度調節は汗をかくから可能な作用です。ただ、そうは言っても、汗が肌トラブルに結びつくことがあるのも事実です。とくに、敏感肌の人は、汗をかいたあとの肌にかゆみや湿疹といったトラブルが起きてしまうことも。 

今回は、敏感肌の人が汗をかいたときに起きる肌ダメージの原因や、夏の肌荒れを防ぐための方法についてお話しします。



肌というのは普通の状態では、弱酸性の状態に保たれています。弱酸性に保たれていると、肌トラブルの原因となる細菌の繁殖を抑える効果があるのです。したがって、健康な肌を維持するためには弱酸性の状態を保つことが大切です。ところが、汗はアルカリ性なので、たくさん汗をかくと肌のバランスが崩れ、雑菌が繁殖しやすくなってしまう可能性があります。さらに、汗をかきすぎると汗腺が詰まってしまい、あせもなどの炎症も起こりやすくなることがあります。

また、汗はしばらくすると肌から蒸発していくのですが、このときに肌の水分も奪われてしまい、乾燥状態に陥りやすくなります。たとえ汗で肌の表面がベタついていたとしても、肌の奥では水分の蒸発による「インナードライ」と呼ばれる乾燥が起きていることも。とくに敏感肌の人は少しの乾燥でも肌ダメージが起こりやすくなり、かゆみを感じやすくなってしまうため注意が必要です。


敏感肌の人は、汗そのものにアレルギー反応を起こし、肌のかゆみにつながってしまうケースもあります。汗の中には水分だけでなく、塩分やアンモニウム、体内から排出される老廃物など多くの成分が含まれています。汗をかいてバリア機能(肌表面の角質層がバリアとなって脂分・水分が逃げるのを防いで潤いを保ち、また、多くの外的刺激から肌内部を守る機能)が低下してしまった肌には、汗に含まれる成分や老廃物が刺激になってしまうことがあるのです。


また、汗をかいたときにかゆみを感じてかきむしってしまうと、かゆみを起こす成分がさらに増えてしまい、ひどい炎症につながってしまうので注意が必要です。

汗をかきすぎて肌にかゆみや熱っぽさを感じたときには、絶対にかきむしらないようにしましょう。肌をかきむしってしまうと肌表面が傷つき、さらにバリア機能が低下してしまいます。


肌がほてるとかゆみも強くなってしまうため、かゆみがあるときには肌を冷やすケアが有効です。汗を優しく拭き、衣服のボタンを緩めて扇子などであおいでみましょう。冷蔵庫で冷やしておいたウェットティッシュなどで汗を拭ってあげるのも一案です。可能ならばぬるめのシャワーを浴びたり、アイスノン、氷水などで濡らしたタオルなどを使って肌を冷やしたりすると、かゆみがおさまりやすくなります。



汗はこまめに拭き取りたいものですが、メイクをしているときにはメイク崩れが気になって肌を拭くのもためらわれる場合が多いでしょう。メイクオフできないときには、その都度、タオルハンカチなどを使って汗を吸わせるように押さえながら拭くとよいでしょう。


夏の肌はダメージを受けるとどんどんバリア機能が低下し、さらなる炎症を引き起こしてしまいがちです。メイクオフと洗顔をしたあとには必ずしっかりと保湿し、肌を守ってあげるようにしましょう。特にダメージがひどいと感じる部位は、化粧水や美容液を使って重点的に保湿しましょう。もちろん低刺激の植物由来の保湿成分を配合したものを選ぶようにしましょう。


暑い夏にはどうしても汗をかき、深刻な肌ダメージが起きてしまうこともあります。

汗をこまめに拭くこと、メイクオフしたあとはきちんと保湿ケアをすることを忘れず、肌をトラブルから守ってあげましょう。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示