秋の肌トラブルを避けるために

今年は、9月を過ぎても最高気温30°Cを超える日もあり、9月終わりごろの台風16号が過ぎた後に暑さがぶり返すなど夏が長引きました。秋らしい爽やかな日が続く今日この頃ですが、夏が長かった分、夏の強い紫外線や、強い日焼け止め、エアコンによる乾燥や発汗に伴う乾燥など、この秋は様々な形で受けた肌ダメージが表に出てくるシーズンでもあります。



多くの方が訴える代表的な秋の肌トラブルをあげると

●肌が柔らかさを失いカサつき、ごわごわする

●今までなかった小ジワやクスミが気になる

●肌色が暗くなる

●ニキビや吹き出物が出てくる

●肌がかゆくなる

●キメが荒くなる

これらは夏の肌ダメージが原因かもしれません。今回は、秋の肌トラブルを避けるためのポイントをお話ししましょう。


夏に受けた肌ダメージは、肌の2つの重要な機能を阻害する可能性があります。

2つの重要な機能とは、ターンオーバー機能とバリア機能です。この2つは、上にあげた肌トラブルを引き起こす原因の全てに関係しています。


夏の肌ダメージは、肌の表面だけに限らず、肌の奥の部分に蓄積されるといわれています。通常、お肌のターンオーバー(角質の古い細胞がはがれ落ち、新しい細胞に入れ替わる肌の新陳代謝のこと)は28日前後とされているので、夏が長かった今年は、肌ダメージは10月以降に表面化してくることも少なくないと考えられます。


また、バリア機能(肌を外部のさまざまな刺激やストレスから保護する肌表面の機能)が紫外線などの影響により阻害されることで、肌内部に多くのダメージをが蓄積していると考えられます。


秋は朝夕の寒暖差が大きくなったり、空気が徐々に乾燥してきたりと、気候の変化が起こります。この変化に体調がついていかない時があり、その場合、季節の変動に伴うホルモンバランスの崩れが生じてしまいます。この点から、秋は肌トラブルが発生しやすい時期とされています。肌の状態から見ると、夏のあいだは紫外線や暑さ、汗や雑菌への抵抗力優位だった肌ですが、冬には乾燥や寒さから身を守り、体温や潤いを保つ肌になります。その切り替わり期間である秋の肌は、抵抗力も落ち守りも完全ではない、不安定で弱い状態になっていると考えられます。


秋を迎える前のとくに初夏〜夏というのは、一年で一番紫外線が強い季節であったり、陽が長くなることで生活習慣が不規則になっている場合があり、肌内部にダメージが蓄積されています。この影響でターンオーバー機能やバリア機能が狂っていると、蓄積されたダメージが肌表面にあらわれる、いわば「噴火寸前」の状態です。例えば、そこにホルモンバランスの崩れが重なって、表皮に角質が溜まってしまうトラブルに発展することがあります。そこまでの状態になると、肌コンディションはかなり深刻なレベルで、肌老化が心配されます。


そこで、秋口の肌ケアを怠けてしまうと大きな後悔をすることになります。楽しかった夏の思い出を後悔に変えないためにも、秋口の肌ケアは入念にする必要があります。

この時期に頑張ってお手入れしないと、その先には肌にとってもコンディション維持がむずかしい寒い冬が待っています。冬は新陳代謝も落ち込み、空気も乾燥します。 その前に、初夏〜夏の肌ダメージをケアをすることが非常に大切です。



では、秋のスキンケアの基本で一番大切なのは何でしょうか。それは、「肌の保湿状態を良くすること」です。

肌乾燥が深刻化すると、コラーゲンが壊れてしまいシワやクスミの原因となります。

また水分量が減ると、リンパの流れが悪くなり、肌のクスミやシミ・ソバカスなどの原因にもなります。ということで、これからの時期、肌ケアの基本は一にも二にも保湿ケアです。例えば、携帯用の保湿スプレー等で日中こまめに保湿したり、メイク前にはクリームを使用して乾燥に注意するようにしましょう。


ただ、肌の保湿ケアを充分にしたからとそれだけで安心は禁物です。季節の変わり目で崩れがちなホルモンバランスの影響や、夏の肌ダメージが原因でターンオーバーが狂ってしまうと折角保湿を強化しても、古い角質をケアしているだけになってしまいます。だからといって、急にピーリングをしたりすると、ただでさえ敏感肌の季節は余計なトラブルを起こしかねません。もちろん、ピーリングが効果的な場合もありますが、あくまでも自分の肌コンディションを見きわめた上で行いましょう。


より根本的な対応として、睡眠をはじめとする生活習慣や食生活の改善、ストレスの発散、保湿ケアを通して「ターンオーバー周期の適正化」に取り組みましょう。肌のターンオーバーといっても、それは私たちの「体の働き」の一部です。生活全般を見直して体そのものの健康を目指しましょう。ターンオーバが適正化できれば、肌の角質も本来の健康を取り戻します。そのサポートとして、もともと肌にあるバリア成分でもあるヒト型「セラミド」を取り入れたスキンケアの使用も効果的です。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示