肌悩みの代表—毛穴トラブルについて

各年代の肌悩みランキングといった調査があります。そのランキングで各年代(20代〜60代)を通じて上位に挙げられるのが「毛穴トラブル」です。具体的には、毛穴の「開き・たるみ・黒ずみ」ですが、その対応のためにも今日は毛穴にまつわるあれこれをお話ししましょう。


そもそも人の顔には、1cm四方の中に約20コの毛穴があり、顔全体では約20万コもの毛穴があるといわれています。中でもいわゆるTゾーンは毛穴の数が他の部位の約7倍もあり、この影響で「乾燥肌なのにTゾーンだけベタつく」ということが起こり得ます。


毛穴トラブルといっても毛穴が目立つ人と目立たない人がいます。でも、上記のように人の顔の毛穴の数はおおよそ決まっていて、人によって毛穴が多い少ないということはないのです。毛穴は、加齢によるたるみ、何らかの要因からの乾燥、ストレスによる自律神経の乱れ、不規則な生活や睡眠不足、食生活の偏りなどが原因で目立つようになります。



また、目立つということでいえば、顔の毛穴の大きさは男性ホルモンの量で決まります。男性ホルモンが多いと皮脂腺が発達して皮脂の分泌量が増えます。皮脂腺が大きくなるほど毛穴が目立つ肌になります。男性ホルモンの量は遺伝による影響が大きく、毛穴の大きさも生まれる前から遺伝によってほぼ決まっています。皮脂腺がもっとも発育しているのは頭で、その次が顔になります。体の毛穴は気にならないのに顔の毛穴は目立つというのはこのためです。


さて、毛穴の奥には皮脂を分泌する皮脂腺があります。毛穴の中は絶えず皮脂が溜まった状態で、皮脂の分泌が過剰だと詰まりやすくなります。皮脂量は年齢によって変化します。男性ホルモンや黄体ホルモンという女性ホルモンなどの性ホルモンに影響されるため、加齢による性ホルモンの減少と皮脂量の減少は基本的に比例します。性ホルモンの分泌が増加する思春期頃から、皮脂の分泌が急激に増加し、10代後半〜20代前半をピークに緩やかに減少していきます。これが多くの人がたどるプロセスですが、皮脂の分泌やそれに関連する要因でいわゆる「毛穴トラブル」が発生することがあります。そのいくつかを紹介しておきましょう。


【毛穴の開き】

毛穴は普段は閉じていて皮脂分泌などの必要な時だけ開くものですが、これが正常に行われなくなると常に毛穴が開いた状態になってしまいます。すると皮脂が分泌され続けたり汚れが付着して毛穴を塞ぎ、余計に毛穴を押し広げてしまいます。


【毛穴の黒ずみ・詰まり】

皮脂の分泌が過剰なために、皮脂や汚れが毛穴に詰まり、剥がれ落ちた角質と混ざって栓のようになった状態です。テカリや毛穴の開きをカバーするために、毛穴を埋めるような下地を使ったり、ファンデーションを厚く塗ったりすることで毛穴を塞いでしまい、さらに黒ずみ毛穴が悪化します。鼻の頭など皮脂分泌の多い部分によく見られ、皮脂や汚れが長時間留まることで酸化して黒ずんでしまいます。放置すると毛穴が膨らんだり、更なる毛穴の開きに繋がります。


【毛穴のたるみ】

たるみによって縦に開くたるみ毛穴は、加齢によりコラーゲン・エラスチンを作る機能が衰えることで、真皮の柔軟性や弾力が失われてたるみができ、毛穴が縦長に開いてしまう状態です。頬やほうれい線などに多く見られ、30代後半から気になり始める方が多いようです。


誤解のないように強調しておきますが、皮脂はそれ自体肌にとっては必要なものです。

皮脂は皮脂膜により水分の蒸発を防ぎ、外的刺激から皮膚を守って細菌の侵入を防ぎ、免疫力を高める働きをしています。 このような肌のバリア機能を維持するのに皮脂は大切です。しかし、過剰に分泌すると上記のような毛穴トラブルを起こすことがあるということです。


また、現在のコロナ禍で気をつけておきたいことは、いろいろな点でこれまでの生活環境と異なることから感じるストレスです。ストレスを感じると男性ホルモンが刺激され、皮脂の過剰分泌に繋がります。あぶらとり紙などでの皮脂をぬぐい過ぎることも、かえって皮脂を増加させてしまいます。


結局、毛穴トラブルを避けるためにできることは、皮脂の過剰分泌を招く要因から遠ざかるということになります。簡単にいうと、肌の乾燥、脂肪分の多いものや糖類の取り過ぎ、ストレス、睡眠不足、不規則な生活などを避けるということです。これは、口で言うほど簡単なことではありませんが、今の毎日の生活を振り返って最も守られていないと感じることを一つでも改善していきましょう。いったん毛穴トラブルに陥ると回復がなかなか難しい場合もあるので、日常の配慮を心がけてください。


最新記事

すべて表示