#セラミドについて


セラミドといってもいくつかの種類があり、保湿や浸透性はヒトの肌と同じ構造を持つ「ヒト型セラミド」でなければ、効果は疑問だといわれることもあります。

角質にまで浸透し、保湿や肌のターンオーバー維持といった、私たちがセラミドに期待する働きは、「ヒト型セラミド」を前提としたお話になります。

ヒト型セラミド

#世界初の植物ヒト型

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示