ハリ・弾力を支えるボタンエキス

最終更新: 2020年11月2日

ボタンエキスによる肌の老化抑制作用の2つ目は、「コラーゲン産生の補完作用」です。真皮は主にコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸によって皮膚のハリ・弾力を支えています。コラーゲンやエラスチンは真皮内の線維芽細胞が産生しています。

ところが、加齢や表情圧(表情により皮膚が圧縮される力)などが影響して線維芽細胞の核が変化し、コラーゲンやエラスチンを分解する真皮タンパク分解酵素が増加する現象が起きてきます。

加齢などがコラーゲンやエラスチンを分解する酵素を増やしてしまうというのです。

それなら、そんな悪い酵素を増やさないようにすればいいということになりますが・・・加齢や表情圧は止めようのない毎日の積み重ね?なので、改善も時間をかけて辛抱強く取り組まなければなりません。

改善の心強い味方として、タンパク分解酵素の増加を防ぐボタンエキスがあげられているのです。



8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示