糖化は20~30代にも!本当?

最終更新: 2020年11月2日

肌の糖化は、体の中でエネルギーとして使う量を超えて余った余分な糖がタンパク質と結びついて細胞を劣化させる生体反応です。

このように糖化されたタンパク質によってAGEs(糖化最終産物)という悪玉物質が連続して発生し、これが血管や内臓、筋肉などとともに肌にも悪い影響を与えるのです。

このようなタンパク質と糖質が結びつく現象のことを「メイラード反応」と呼びます。

糖化=メイラード反応は、タンパク質が劣化することで、体のあらゆる部位の老化につながってしまうのです。しかも、糖化は20~30代にも起こりうることがわかってきました。


年齢が若くても運動不足で血糖値の高い日常を続けていると、肌の糖化はいつでも起こる可能性があるということです。


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示