オウゴン根エキスとは?

最終更新: 2020年11月3日

オウゴン根エキスは、シソ科のコガネバナの根から抽出して得られたエキスで、このコガネバナは日本では薬用や観賞用に栽培されています。


根の色が黄金色であることから、コガネバナと呼ばれています(花は紫色ですが)。

古くから漢方でよく使われる生薬でもあるオウゴン根エキスは、腹痛・炎症・頭痛・胃炎などに処方されてきました。


オウゴン

また、化粧品としては、抗炎症作用・抗酸化作用・抗アレルギー作用・抗菌作用・保湿作用などが認められていることから、広く配合成分として用いられています。


とくに、紫外線を浴びることによって起こる肌のメラニン色素沈着、PM2.5やタバコの煙に接することによる肌の酸化、炎症を抑制して、ターンオーバーを補完する効果が指摘されています。次回からオウゴン根エキスの効果についてお話していきましょう。



10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示