40代女性の気になるスキンケア・・・「たるみ」について

前回は30代女性の肌のお手入れについてお話ししたので、今回は40代の女性について取り上げます。


もちろん、30代と重なる部分もありますが40代特有といってもよいケアもあります。個人差が大きくなる年代ですので、ご自分の現状と向き合って「自分用」のケアを工夫しましょう。

さて、40代女性の肌なやみについても多くのレポートがあります。代表的なレポートによれば、肌なやみランキングのTOPファイブは

①たるみ

②シミ・くすみ

③シワ

④乾燥

⑤毛穴の開き・黒ずみ

という結果です。



30代では、4位だった「ハリ・弾力」が40代では「たるみ」と、より具体的な現象として1位に挙げられています。


40代の女性の中には、若いころに比べて「顔の輪郭がぼやけた印象」とか「顔が長くなったような印象」などと、現在の自分を表現される方が少なくありません。顔の部位を指摘して「涙袋が目立つようになってきた」とか「ほうれい線やマリオネットラインが目立つ」などと言われる方もおられます。


40代女性最大の肌悩みである「たるみ」はこのような言い方で表わされることが多いようです。この「たるみ」は要するに肌の老化によって起きるのですが、そもそも肌の老化とは体の中でどういうことが起きているのでしょうか?



簡単に言うと

・肌のハリ・弾力を支えているのは、肌の真皮層に存在するコラーゲン・エラスチンなどだが、加齢などによりこれらの量が減少することで、肌の弾力が失われ「たるみ」や小ジワが生じる

・骨や筋肉などの皮膚を支える組織が衰え、顔全体がたるんでしまう

・顔の脂肪や皮下細胞が少なくなり、ハリがなくなるなどの複合的な要因で、肌が重力に負けて下がってしまい「たるみ」と表現されるのです。


肌の老化の原因は他にも、

・長年の日焼けによるダメージの蓄積

・顔の筋肉の衰え

・乾燥

などが指摘されています。


そこで、これらを理解してケアを心がければ、肌の老化を遅らせ「たるみ」を抑制することにつながります。老化という、人にとって宿命ともいうべき現象を相手にするのですから、取り組むべきことは幅広く、生活全般に及びます。


直接的なスキンケアの面からはターンオーバー促進とバリア機能維持の2つが大切です。

まず、老化の原因として上に挙げたコラーゲンの減少を抑えるために、肌の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーを整えることを意識しましょう。ターンオーバーをスムーズに繰り返すことがコラーゲンの産生をサポートすることになります。


また、若い肌はおもに脂質(皮脂)と水分で構成された皮脂膜によってその表面が自然に保護されています。その皮脂膜はバリアとなって、紫外線や大気汚染、汗、温度変化などの外的刺激から肌を保護し、内部的には肌の水分が失われることを防ぎます。


この「肌のバリア機能」を維持することが、肌の老化を遅らせることになります(ターンオーバー促進とバリア機能維持のための具体的方法は以前のブログでお話ししていますので、

ここでは繰り返しません)。



先に触れたように、肌の老化を遅らせるために取り組むべきことは直接的なスキンケアのほか、偏らない食事や適度な運動継続、規則的な睡眠やストレス抑制、乾燥を避ける環境を心がけるなど生活全般にわたります。ただ、いっぺんに生活全般を変えることは難しいので、お手軽な「たるみケア」としては、

・意識して積極的にしゃべったり歌ったりして顔の筋肉を鍛える

・フェイスローラーやマッサージを行って皮下組織に刺激を与える

の2つがあります。

毎日のスキンケアの中で、ターンオーバーとバリア機能をサポートする基礎化粧品を使うとともに、この2つをやってみてはどうでしょうか。